top of page

最先端のドライアイ治療は
根治的治療法のIPL(M22)
光線療法がおすすめ

IPL(Intense Pulsed Light)治療は、継続が必要な点眼治療とは異なり、世界で唯一の根治的な治療を行うことができます。特殊なlight(光)をあてることでマイボーム腺の詰まりを解消し、炎症を改善、涙の油層を正常化し、ドライアイを改善することができます。霰粒腫(さんりゅうしゅ)の切らない治療法です

ドライアイ.png
潤う目.png

IPL光

Dry Eye

24275352_s.jpg

スマホもコンタクトも必需品の私、

IPL治療でドライアイのつらさから

解放されて、毎日の調子もいい感じ。

  • 目が疲れやすい        

  • 目がゴロゴロする 

  • 目が乾いた感じがする

  • 目が赤くなりやすい 

  • 物がかすんで見える 

  • 光をまぶしく感じる 

「点眼治療をを続けてもドライアイの症状が治らない…」そんな方には新しい治療法があります。
IPL治療の流れ

診察と検査(適応検査)・治療方針の説明

保険診療でドライアイなのかどうかの診察を行い、IPL治療の適応があるかどうかの検査を行います。(保険診療で行いますので 初回は約2,000円の診察料になります。)

処方箋(点眼など)が必要な方はご相談ください。症状に合わせて処方致します。

医師が検査結果をもとに今後の治療方針のご説明を行います。治療に関しての質問、不安がある方はお気兼ねなく、お聴きください。

検査の結果をもとに「ドライアイと診断」され、「IPLの適応がある場合」は…

IPL施術日の予約

ご都合に合わせて電話でご予約いただくことが可能です。

当日のIPL治療時間は、準備等を含め約一時間ぐらいとなります。

注意

保険診療と自由診療は同日に行うことができないため、診察と検査を行った同日にIPL治療を受けられることができませんのでご注意ください。

IPL施術当日の流れ

適応検査と別日​

当日は準備を含めて施術時間は約1時間以内に終了します。

step1

診 察

目の状態を確認します

ipl_tekioukensa.jpg

step2

洗 顔

メイクをされている方は、メイクを落として頂き、洗顔をします。院内での洗顔も可能です。ご自身で普段お使いの「洗顔セット」をご持参ください。

ipl_make.jpg

step3

目の周りにクリームを塗布します。そのまま30分ぐらい時間を置きます。

step4

IPL施術

10分ぐらいの施術になります。クールタイムはなく施術は終わります。

IPL_sejyutu.jpg

step5

洗顔→終了

ご持参のもので洗顔・保湿を行ってください。施術の後、化粧をするこも可能です。コンタクトレンズの使用も問題ありません。

クリーム塗布

IPL治療の費用

施術前適応検査(保険適用)/ 2,000円(税込)

施術回数1回/  5,000円(税込)

施術回数4回/  20,000円(税込)

​Point

IPL治療は、3週間ごとに4回の施行をおすすめしています。

単回での施行も可能ですが一日1回の施行となります。※保険外診療となります。

治療間隔は3~4 週間おきに、4回以上実施すると効果が高い傾向がありますが、ドライアイの症状・重症度によって治療期間が異なります。

bottom of page